【大学生の金欠の基準はどれくらい?】お金がない時の対処法ややりくりを解説

college-student-running-out-of-money 学生生活
本ページはPRが含まれています

こんな悩みを持っていませんか?

他の大学生の生活費や貯金を知りたい!

大学で勉強をしながら、みんなどうやってやりくりをしているの?

記事ではこんな悩みを解決します!

  • 大学生の平均的な生活費や貯蓄、金欠の割合などお金に関する情報がわかります
  • 大学での活動を続けながら、金欠にならない方法を解説します

記事の結論

  • 大学生のうちは、収入が少ない中で支出が多く、金欠となる傾向が強い
  • 節約をして支出を減らすか、アルバイトや副業で収入を増やすことができる

大学生活において、お金の不足はよくある問題です。

しかし、大学で勉強を続けながら、この問題を解決する方法はいくつかあります。

本記事では、大学生の金銭事情や金欠の原因からはじめ、お金がない時の対処法や脱出方法を紹介します。

スポンサーリンク

大学生の金欠の基準はどれくらいなの?

running-out-of-money-jpg

大学生の金欠の基準は一般的には個人差がありますが、一般的な基準として、月に使える金額は生活費として約3万円から5万円程度を目安として考えることができます。

ただし、地域や生活スタイルによって異なり、都市部では生活費が高くつくこともあります。

さらに、趣味や特別な支出も考慮に入れる必要があります。

大学生が金欠に陥る主な原因として、

  • 収入が少ない
  • 支出が多い
  • お金の管理ができていない

などが挙げられます。

金欠を脱するためには、収入を増やす努力や支出の見直し、お金の管理を改善することが重要です。

大学生のお金事情とは?お金に困っている人の割合は?

money-matters-jpg

大学生活において月々の収入と支出のバランスを保つことが必要となります。

具体的な金額については個人差がありますが、フルキャストホールディングスのインターネットリサーチによると、大学生でお金に困っている人の割合は非常に高いことが示されています。

この調査によると、金欠でピンチを感じた経験がある大学生は約7割にも上るという結果があります。

金銭・仕事事情に関する調査(18歳~29歳の大学生(短大生含む))より引用

大学生のお金にまつわる課題は、学業に専念しながら収入を得る難しさや、生活費の高騰、アルバイトの苦労など多岐にわたります。

特に、学業に専念するためにアルバイトを掛け持ちする学生も多く、その結果、時間とお金の制約に直面することがあります。

このような状況から、大学生は創意工夫や賢いお金の使い方をして、月々の支出が収入を上回らないように計画し、貯金をする余裕を持つことが望ましいでしょう。

金欠から脱するために、収支のバランスを見直し、無駄な支出を削減する工夫が必要です。

大学生の平均的な貯金額とは?

deposit-jpg

大学生のお金事情は多様であり、個人によって異なりますが、フルキャストホールディングスのインターネットリサーチによると、大学生の平均的な貯金額は約20万円です。

この数字は一般的な平均値であり、個々の学生の貯金額はその収入や支出、生活状況に大きく左右されます。

大学生の貯金額が限られている主な理由は、学業に専念しながらアルバイトをしているため、収入が限られていることが挙げられます。

金銭・仕事事情に関する調査(18歳~29歳の大学生(短大生含む))より引用

また、学業に関する費用や生活費、娯楽費などの支出もあるため貯金が難しい状況にある学生が多いのです。

しかし、貯金額が少ないからといって諦める必要はありません。

適切なお金の管理や節約術を取り入れることで、貯金を増やすことは可能です。

また、副業やポイント活用などの方法を駆使して収入を増やす試みも行えます。

お金に対する知識と計画性があれば、大学生活を楽しむための資金をしっかりと用意できるでしょう。

大学生でお金がない原因3選

cause-jpg

大学生でお金がない原因は様々ですが、主要な要因として以下の3つが挙げられます。

1.収入が少ないことが最初の原因

多くの大学生はアルバイトや奨学金で生活費をまかなっていますが、時給が低い、労働時間が制限されるなど、収入が限られていることが一般的です。

これにより、生活費や学費をまかなうのが難しくなることがあります。

2.支出が多いことも金欠の原因のひとつ

大学生活は学費以外にも住居費、食費、交通費、教材費など多くの費用がかかります。

無駄遣いや贅沢な支出、食事の外食習慣などが支出を増やす要因となります。

3.お金の管理ができていないことも金欠の原因

予算を立てずにお金を適当に使ったり、貯金をおこたったりすることで、急な出費や生活コストの変動に対応できなくなります。

これらの原因を理解し、収支のバランスを取るために努力し、賢くお金を使うことが、大学生の金欠から脱するための重要なステップとなります。

収入が少ない

money-jpg

収入が少ないことは、大学生の金欠の主要な原因のひとつです。

これにはいくつかの理由が考えられます。

まず、大学生の多くは授業や試験の合間にアルバイトを行っており、限られた時間しか働けないことが収入が少ない理由の一つです。

さらに、アルバイトの時給が低いことが多いため、収入が限定的で生活費や学費をまかなうのが難しいことがあります。

また、奨学金や親の援助を受けている学生もいますが、これらの収入源が不足している場合も収入が少なくなります。

さらに、学業に専念するためにアルバイトをひかえる学生もおり、それが収入不足を招くこともあります。

収入が少ない状況では、生活費や学費をまかなうことが難しく、結果として金欠に陥ることがあります。

収入を増やすためにアルバイトを工夫し、奨学金や助成金の活用、または節約策を考えることが大切です。

支出が多い

money

支出が多いことは、大学生の金欠の原因の一つです。

これにはいくつかの理由が考えられます。

まず、大学生活には学費だけでなく、

  • 住居費
  • 食費
  • 交通費
  • 教材費

など多くの支出がかかります。

無駄遣いや贅沢な支出、外食習慣などが、支出を増やす要因となります。

また、学生生活は社会との交流や趣味の時間も多いため、娯楽費や飲み会などの外部活動にお金を使うことも多いです。

これらの支出が積み重なると、収入を上回る状況が生まれ、金欠に陥る可能性が高まります。

金欠を克服するためには、支出を見直し、必要なものと無駄なものを区別し、賢くお金を使うことが必要です。

お金の管理ができていない

note

お金の管理ができていないことは、大学生の金欠の原因の一つです。

これはいくつかの理由によるものです。

まず、多くの大学生は初めて自分でお金を管理する経験を積んでおらず、予算を立てずにお金を適当に使ってしまうことがあります。

支出をコントロールせずに生活していると、急な出費に対応できなくなり、金欠に陥ることがあります。

また、お金の管理が不十分な学生は、収入や支出の明細を把握していないことがあります。

これにより、どれだけのお金が使えるのか、また何にどれだけ使ったのか把握できず、支出が収入を上回ることが頻繁に起こります。

お金の管理ができていない状態では支出を見直し、収入と支出をバランス良く調整することが難しく、金欠の状態が続きます。

お金の管理を徹底し、予算を立てて適切にお金を使う習慣を身につけることが、金欠からの脱出には欠かせません。

お金がない時の対処法5選

approach-jpg

お金がない時に役立つ対処法は以下の5つです。

1.自炊をする

外食やテイクアウトは料金がかかりますが、家で料理をすることで食費を節約できます。

定期的な食材の買い物や調理のスキルを身につけると良いでしょう。

2.家賃の安いところに住む

住居費を削減するために、家賃の安い場所を探しましょう。

ルームシェアや学生寮も選択肢の一つです。

3.スマホの月額料金を見直す

スマートフォンの契約料金を見直し、必要な通信プランに切り替えることで支出を削減できます。

余計なオプションを外すことも考えてみてください。

4.遊びや飲み会の回数を減らす

娯楽や飲み会にかかる費用を減らすことで、予算を守りやすくなります。

友達との交流は大切ですが、節約のためには計画的に遊びましょう。

5.家計簿をつけて収入と支出の管理をする

毎日の支出を記録し、予算内で収支を把握するために家計簿をつけましょう。

これにより無駄な支出を特定し、改善策を考えるのに役立ちます。

これらの対処法を組み合わせて実践することで、お金のやりくりが上手くいき、金欠から脱却する手助けとなります。

自炊をする

vegetable-jpg

大学生のお金に関する問題を解決するために、自炊をすることがおすすめです。

自炊によって支出を節約し、収入と支出のバランスを整えることができます。

自炊のメリットは多岐にわたります。

まず、外食やデリバリーに比べて食費が大幅に削減されます。

また、自分の好みや健康に合った食事を調理できるため、無駄な支出を抑えることができます。

大学生の金銭管理は重要ですが、自炊はその一環として効果的な方法です。

金欠から抜け出すための第一歩として、自炊を始めてみてはいかがでしょうか。

もし、自炊が面倒くさいと思う人には宅配弁当>>がおすすめです!!

>>宅配弁当を注文して食費を節約する

家賃の安いところに住む

家賃の負担は大学生にとって重要な支出項目の一つです。

なぜなら、家賃は毎月の固定費の一部であり、削減することで継続的な節約の効果があるからです。

安いアパートやシェアハウスを選ぶ、ルームシェアを検討する、地理的に便利で家賃の安い場所を選ぶなど、工夫次第で家賃を削減できます。

家賃を抑えることで、毎月の支出を減少させ、収入と支出のバランスを整えることができます。

これにより、金欠から解放され、経済的な余裕を持つことができるでしょう。

大学生活を充実させるために、家賃の見直しを検討してみましょう。

>>敷金・礼金・手数料・更新料が無料のお部屋を探す

スマホの月額料金を見直す

smartphone-jpg

スマホの月額料金を見直すことは、お金に困っている大学生にとって効果的な節約方法の一つです。

なぜなら、スマートフォンの月額料金は毎月の支出の中でかなりの割合を占めることが多いからです。

まず、スマホの料金プランを見直すことで、必要以上に高額なプランに加入している場合は、より経済的なプランに変更することができます。

次に、通信データの使用量を見直すことも大切です。

Wi-Fiを利用する環境では、データ通信をオフにするなどの工夫をすることで料金節約が可能です。

とくに、節約を目的としたモバイルサービスならば、楽天モバイル>>がオススメです。

楽天モバイルは他の大手通信キャリアに比べて格安でありながら、高品質な通信サービスを提供しているので、通信費を大幅に削減できます。

また、楽天モバイルでは、新規契約者や乗り換え者に対してさまざまなキャンペーンや特典を提供しているので、初期費用の軽減や端末の割引など、お得な契約ができる可能性も高いです。

>>楽天モバイルを登録してスマホの月額料金を見直す

遊びや飲み会の回数を減らす

playing-jpg

遊びや飲み会の回数を減らすことは、お金が足りないと感じる大学生にとって賢い選択です。その理由は次の通りです。

まず、外食や飲み会に参加するたびにお金がかかります。

飲食代や交通費、その他のエンターテイメント費用が積み重なることで、予算を圧迫する可能性が高まります。

回数を減らすことで、財布に余裕が生まれます。

さらに、遊びや飲み会の回数を減らすことで、時間の余裕も生まれます。

勉強やアルバイトに集中することで、収入を増やすチャンスも広がります。

要するに、遊びや飲み会の回数を削減することは、予算を守り、貯金を増やし、将来の計画を立てるために賢い選択です。

節約を意識し、お金を効果的に使いましょう。

家計簿をつけて収入と支出の管理をする

household-account-book-jpg

大学生活において、お金の管理は非常に重要です。

限られた予算の中で、学費、生活費、娯楽費などを効果的に使い分けることが求められます。

その際、家計簿アプリを活用することで、勘案に家計簿をつけることができます。

例えば、週末の外食や買い物が予算を超えてしまうことがありますが、家計簿を使えばこれらの支出がどれだけ予算から外れているかが明確になります。

その結果、外食回数を減らすなどの調整が可能になり、無駄な支出を削減できます。

家計簿を活用することで、大学生活でのお金の使い方をより賢く、金欠から脱出する手助けとなります。ぜひ、お金の管理に役立ててみてください。

金欠の脱出方法3選

escape-jpg

金欠から脱出するためには、以下の3つの方法が効果的です。

まず、アルバイトに励むことが大切です。

アルバイトを通じて収入を増やし、生活費や学費の足しにしましょう。

大学生にとって、アルバイトは時間の融通がききやすいため、適切な仕事を見つけて両立させることが可能です。

次に、副業を検討することが重要です。

専門知識やスキルを活かして、フリーランスやオンラインプラットフォームを活用して収入を得る方法があります。

副業をすることで、安定した収入源を確保できます。

さらに、お小遣い稼ぎのポイント活用も有益です。

アプリやウェブサイトを通じて、アンケート回答や広告視聴などでポイントを貯め、商品や現金と交換しましょう。

これにより、日常の支出を軽減できます。

これらの方法を組み合わせることで、金欠から脱出するための資金を確保できます。

とにかくアルバイトに励む

to-do-list-jpg

金欠から脱出するために、まずはアルバイトに精力的に取り組むことが肝要です。

アルバイトは大学生活と両立しやすく、収入を確保する手段として非常に有効です。

まず、アルバイトは柔軟なシフト制が多く、授業や試験勉強と調整しやすい点が大きな魅力です。

これにより、学業とアルバイトを両立させながら、収入を得ることが可能となります。

また、アルバイトを通じてコミュニケーション能力や仕事に関するスキルを身につけることもできます。

これらのスキルは将来のキャリアにも役立ちます。

具体例として、

  • 飲食店での接客
  • コンビニでのレジ業務
  • 家庭教師
  • イベントスタッフ

など、様々なアルバイトが大学生に向いています。

自身のスケジュールや好みに合わせて選択できます。

アルバイトによって、自己養生や学業、趣味に使えるお金を確保し、金欠から脱却する一歩となります。

>>2か月で50万貯まるリゾートバイトをしてみる

副業をする

contact

副業は大学生にとって金欠から脱却する有効な手段です。

なぜなら、副業をすることで収入を増やし、生活費や学費をまかなうことができるからです。

副業の魅力は多岐にわたります。

まず、スキルや趣味を活かして収益を得ることが可能です。

例えば、

  • 文章力があればライティング
  • プログラミングスキルを持っていればウェブ開発

などの仕事が考えられます。

また、副業をすることにより初心者でもスキルを磨きながら収入を得ることができます。

自分のスケジュールに合わせて副業を選び、本業とは異なる収入源を確保しましょう。

副業は金欠からの脱出に効果的な手段であり、経済的な安定を築く一歩です。

>>副業をして収入を増やしてみる

お小遣い稼ぎのポイ活をする

smartphone-jpg

お小遣い稼ぎのポイ活は、大学生の金欠から抜け出す手段として効果的です。

その理由は、簡単に始められ、時間や場所に制約がないからです。

とくにポイ活アプリ、マクロミル>>を利用すれば、アンケートに答えたり、モニター商品を評価するだけでお小遣いを稼ぐことができます。

このアプリは国内No.1のアンケートモニターサイトで、信頼性が高く、報酬も魅力的です。

マクロミルを活用することで、授業やアルバイトの合間にお小遣いを稼ぎ、金欠から脱出するステップを踏むことができます。

簡単な取り組みから始め、経済的な安定を手に入れましょう。

>>1000円分の登録キャンペーンでお得にポイ活をはじめる

まとめ|行動をして金欠から脱しよう

action-jpg

本記事では、大学生のお金事情について解説しました。

金欠からの脱却には、この記事で紹介したような行動を積極的に実践しましょう。

記事のまとめ
  • 大学生の7割が金欠を経験している
  • 大学生の平均的な貯金額は約20万円程
  • 収入を増やすためにアルバイトや副業に励むことが有効
  • 支出を削減するために自炊や家計簿の活用が必要
  • スマホの月額料金や遊びや飲み会の出費の見直しも必要
  • ポイ活アプリでは、アンケートやモニター商品の評価でお小遣い稼ぎができる
  • これらの方法を組み合わせ、金欠からの脱却を目指しましょう

お金がない状況から脱するためには、計画的な行動が不可欠です。

この記事で紹介をしたように、収入を増やす方法と支出を削減・管理する方法を組み合わせて、金欠から抜け出し、最高の大学生活を満喫しましょう。

最後に

「お金がない」などの悩みや疑問・質問など、ご自由にコメント欄に投稿してください。

(コメント欄はこの記事の最下部です)

※いただいたコメントは全て拝見し 、真剣に回答させていただきます。

この記事を執筆した人
shimura
SNShttps://crowdworks.jp/public/employees/5021271
自己紹介IT業界での10年以上の経験を持つプロフェッショナルです。
ベンチャー企業から大手・外資系まで幅広い経歴を持ち、様々なプロジェクトで成功を収めてきました。
最近では、ライティングやデザインなどの副業を積極的に行い、クリエイティブな才能を磨いています。

コメント