大学生の一人暮らしで仕送りなしはきつい?乗り越え方や対処法を解説

新生活 学生生活
本ページはPRが含まれています

大学生の一人暮らしは、自由な時間や空間を楽しめる反面、生活費や家事の負担が大きくなります。

特に、仕送りがない場合は、自分で収入を得て生活する必要があります。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをしている人は、どのくらいいるのでしょうか?

また、仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることは、本当にきついのでしょうか?

この記事では、仕送りなしで大学生の一人暮らしをする人の割合や生活費の目安、仕送りなしできつい理由やメリット、乗り越え方や対処法、成功させるための心構えなどを解説します。

この記事でわかること
  • 仕送りなしで大学生の一人暮らしをする人の割合や生活費の目安
  • 仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることのきつさやメリット
  • 仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることの乗り越え方や対処法
  • 仕送りなしで大学生の一人暮らしを成功させるための心構え
スポンサーリンク

大学生の一人暮らしで仕送りなしはきついの?

college-student-savings-meaningless

仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることは、きついと感じる人もいれば、そうでない人もいます。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることのきつさは、主に以下の3つの要因によって決まります。

  • 収入の多さ
  • 支出の少なさ
  • 節約や家事の工夫

収入が多ければ、生活費や学費などの必要経費を賄うことができますし、趣味や交際などの余暇費も使えます。

支出が少なければ、収入とのバランスが取れやすくなります。

節約や家事の工夫をすれば、支出を減らすことができますし、時間や労力も節約できます。

これらの要因が揃っていれば、仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることは、それほどきつくないと言えるでしょう。

しかし、収入が少なかったり、支出が多かったり、節約や家事の工夫ができなかったりすると、仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることは、かなりきつくなります。

収入と支出のバランスが崩れると、借金や貯金の減少、生活苦などの問題が発生する可能性があります。

節約や家事の工夫ができないと、食事や衣服、住環境などの質が低下する可能性があります。

これらの問題は、精神的にも肉体的にも負担になります。

大学生の一人暮らしで仕送りがない人の割合は?

chart-jpg

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする人の割合は、統計によって異なりますが、おおよそ10%から20%程度と言われています。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする人の割合は、年々増加傾向にあると言われています。

例えば、以下の調査では、仕送りなしで大学生の一人暮らしをする人の割合は、2008年には8.1%だったのが、2018年には13.6%になっています。

この増加の理由としては、親の経済的な負担の増加や、子どもの自立心の高まりなどが挙げられます。

大学生の一人暮らしは、いくらあれば生活できるのか?

action-jpg

大学生の一人暮らしで必要な生活費は、人によって異なりますが、平均的には月に約15万円程度と言われています。

例えば、以下の調査では、大学生の一人暮らしの生活費の平均は、月に約14.8万円となっています。

大学生の一人暮らしの生活費は、主に以下の5つの項目に分けられます。

  • 家賃
  • 光熱費
  • 食費
  • 交通費
  • その他

これらの項目の内訳や平均額は、以下のようになっています。

  • 家賃:月に約5.4万円
  • 光熱費:月に約1.1万円
  • 食費:月に約3.1万円
  • 交通費:月に約1.2万円
  • その他:月に約4.0万円

大学生の一人暮らしの生活費は、地域や物件、ライフスタイルなどによっても変わります。

例えば、以下の調査では、大学生の一人暮らしの生活費の地域別の平均は、東京が最も高く、月に約17.3万円となっています。

物件別では、ワンルームが最も高く、月に約15.4万円となっています。

ライフスタイル別では、節約派が最も低く、月に約13.5万円となっています。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、収入と支出のバランスをしっかりと把握し、生活費を計画的に管理することが重要です。

また、生活費を節約するためには、家賃や光熱費などの固定費を抑えることや、食費や交通費などの変動費を削減することが効果的です。

大学生の一人暮らしで仕送りなしだときつい理由3選

money-matters-jpg

仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることは、きついと感じる人も多いでしょう。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることがきついと感じる理由は、人によって異なりますが、以下の3つが代表的です。

食事が偏る

attention-jpg

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、食費を節約する必要があります。

そのため、食事の内容や量が偏りがちになります。例えば、以下のような食事の偏りが考えられます。

  • カップ麺やインスタント食品などの安くて手軽なものばかり食べる
  • 野菜や果物などのビタミンやミネラルが豊富なものを摂らない
  • おかずやご飯のバランスが悪い
  • 食事の回数や時間が不規則になる

食事が偏ると、栄養不足や健康障害、肥満ややせなどの体型の変化などの問題が発生する可能性があります。

食事は、身体や精神の状態に大きな影響を与えるので、仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、食事の偏りに注意する必要があります。

>>ゴロうまおかずキットで野菜を摂取する

食事代がかさむ

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、食費を節約する必要がありますが、それでも食事代はかなりの割合を占めます。

例えば、以下の調査では、大学生の一人暮らしの生活費の内訳の中で、食費は約21%を占めています。

食事代を節約するためには、自炊をすることが一般的ですが、自炊にもコストがかかります。

例えば、以下の調査では、大学生の一人暮らしの自炊の平均費用は、月に約2.4万円となっています。

自炊をする場合は、食材の購入や調理、片付けなどの時間や労力も考慮する必要があります。

また、自炊をしない場合は、外食や出前、コンビニなどの費用がかさみます。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、食事代を抑えることができるかどうかが、生活費の管理に大きく影響します。

作り置きの時間がバカにならない

time-jpg

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、食費を節約するために、作り置きをすることがおすすめです。

作り置きとは、一度にたくさんの料理を作って、冷蔵庫や冷凍庫に保存しておくことです。

作り置きをすることのメリットは、以下のようなものがあります。

  • 食費を節約できる
  • 食事の時間や手間を省ける
  • 食事のバランスや栄養を整えやすい
  • 食材の無駄を減らせる

しかし、作り置きをすることのデメリットもあります。

作り置きをすることのデメリットは、以下のようなものがあります。

  • 作り置きの時間がバカにならない
  • 冷蔵庫や冷凍庫のスペースが必要
  • 保存期間や方法に注意しないと食中毒のリスクがある
  • 味や食感が落ちることがある
  • 飽きやすい

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、作り置きをすることで食費を節約できますが、作り置きにも時間や労力がかかります。

特に、作り置きの時間は、思ったよりも長くなることが多いです。作り置きの時間を短縮するためには、以下のような工夫が必要です。

  • 献立を事前に考える
  • 食材をまとめ買いする
  • 調理器具や食器を効率的に使う
  • 作り置きに適したレシピを選ぶ
  • 作り置きの量や回数を調整する

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、作り置きの時間を有効に活用することが重要です。

>>作り置きをせず宅食サービスを使う

大学生の一人暮らしで仕送りなしのメリット3選

check-jpg

仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることは、きついと感じる人も多いですが、メリットもあります。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることのメリットは、人によって異なりますが、以下の3つが代表的です。

作り置きをしていたら料理上手になる

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、食費を節約するために、作り置きをすることがおすすめです。

作り置きをすることで、料理のスキルや知識が身につきます。例えば、以下のようなことができるようになります。

  • 食材の選び方や切り方、下ごしらえなどの基本的な技術
  • 調味料やスパイスなどの味付け
  • 食材の組み合わせやメニューのバリエーション
  • 保存期間や方法、温め方などの衛生管理
  • 食費や栄養の計算や管理

作り置きをしていたら、料理上手になるだけでなく、食事の楽しみや満足感も高まります。

料理上手になると、自分だけでなく、友人や恋人などにも料理を振る舞うことができます。

料理を通じて、人とのコミュニケーションや関係性も深まります。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、作り置きをすることで、料理のスキルや魅力を発見できます。

実家のありがたみが分かる

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、実家のありがたみが分かります。

実家にいると、当たり前のように感じていたことが、一人暮らしをすると、とても貴重なことだと気づきます。

例えば、以下のようなことがあります。

  • 親の愛情や支え
  • 家族や親戚との絆や交流
  • 食事や家事の手間や費用
  • 家や部屋の広さや快適さ
  • 故郷の風景や文化

実家のありがたみが分かると、親や家族に感謝の気持ちや連絡をすることが増えます。

また、実家に帰る機会や楽しみも増えます。実家のありがたみが分かると、自分のルーツやアイデンティティにも自信が持てます。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、実家のありがたみを感じることができます。

親の苦労が分かる

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、親の苦労が分かります。

親は、子どものために、多くの時間や労力、お金をかけて育ててくれます。

しかし、子どもは、親の苦労を知らずに、わがままや不満を言ったり、反抗したりすることがあります。

一人暮らしをすると、親の苦労を実感することができます。例えば、以下のようなことがあります。

  • 子どもの教育費や生活費などの経済的な負担
  • 子どもの健康や安全などの心配や不安
  • 子どもの成長や進路などの期待や願い
  • 子どもの悩みや相談などの対応や助言
  • 子どもの幸せや笑顔などの喜びや感動

親の苦労が分かると、親に対する尊敬や感謝の気持ちが強くなります。

また、親に対する責任や義務も感じます。親の苦労が分かると、親との関係やコミュニケーションも改善されます。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、親の苦労を理解することができます。

仕送りなしできつい時の乗り越え方

deposit-jpg

仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることは、きついと感じることも多いでしょう。

仕送りなしできつい時の乗り越え方は、人によって異なりますが、以下の5つの方法が有効です。

家賃や通信費などの固定費を抑える

woman-phone-jpg

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、生活費を節約するために、家賃や通信費などの固定費を抑えることが重要です。

固定費を抑える方法は、以下のようなものがあります。

  • 家賃:安い物件やシェアハウスなどに住む、敷金や礼金などの初期費用を減らす、家具や家電などの備品を揃えない、近くの大学や駅などに歩いて行ける場所に住む
  • 光熱費:エアコンや暖房などの使用を控える、電気やガスなどのプランや会社を見直す、節水や省エネなどの工夫をする
  • 通信費:インターネットやスマホなどのプランや会社を見直す、無料のWi-Fiや公衆電話などを利用する、通話やメールなどの使用を控える

固定費を抑えることで、毎月の支出を減らすことができます。

固定費を抑えることは、生活の質を下げることにもなりますが、必要最低限のものに絞ることで、シンプルな生活を送ることができます。

とにかくバイトをしまくる

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、収入を増やすために、とにかくバイトをしまくることが有効です。

バイトをしまくることで、以下のようなメリットがあります。

  • 生活費や学費などの必要経費を賄える
  • 趣味や交際などの余暇費も使える
  • 貯金や投資などの資産形成もできる
  • スキルや経験、人脈などのキャリア形成もできる

バイトをしまくることは、時間や労力やストレスなどのコストもかかりますが、自分で稼ぐことで、自立心や自信もつきます。

バイトをしまくることは、勉強やサークルなどの学生生活とのバランスを取ることが難しくなりますが、優先順位や効率化などの工夫をすることで、充実した学生生活を送ることができます。

>>リゾートバイトで楽しくバイトする

節約をする

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、支出を減らすために、節約をすることが有効です。

節約をすることで、以下のようなメリットがあります。

  • 生活費や学費などの必要経費を抑えられる
  • 貯金や投資などの資産形成ができる
  • 無駄遣いや衝動買いなどの悪習慣を改善できる
  • シンプルな生活やミニマリズムなどの価値観を見直せる

節約をすることは、時間や労力やストレスなどのコストもかかりますが、自分の支出や消費について考えることで、お金の価値や管理について学べます。

節約をすることは、生活の質を下げることにもなりますが、必要なものと不要なものについて区別することで、満足感や幸福感を高めることができます。

>>楽天モバイルに乗り換えて通信費を節約する

副業をする

escape-jpg

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、収入を増やすために、副業をすることが有効です。

副業とは、本業以外に行う仕事のことです。

大学生の場合は、バイト以外に行う仕事のことです。副業をすることで、以下のようなメリットがあります。

  • 収入を増やせる
  • 貯金や投資などの資産形成ができる
  • スキルや経験、人脈などのキャリア形成ができる
  • 趣味や興味などの自己実現ができる

副業をすることは、時間や労力やストレスなどのコストもかかりますが、自分の能力や価値を高めることで、自信ややりがいもつきます。

副業をすることは、勉強やサークルなどの学生生活とのバランスを取ることが難しくなりますが、多様な経験や視野を得ることで、豊かな学生生活を送ることができます。

>>チェットガールの副業をはじめてみる

お小遣い稼ぎのポイ活に励む

smartphone-jpg

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、収入を増やすために、お小遣い稼ぎのポイ活に励むことが有効です。

ポイ活とは、ポイントサイトやポイントアプリなどを利用して、ポイントを貯めて現金や商品券などに交換することです。ポイ活に励むことで、以下のようなメリットがあります。

  • 収入を増やせる
  • 貯金や投資などの資産形成ができる
  • 簡単で手軽にできる
  • 暇つぶしや楽しみにもなる

ポイ活に励むことは、時間や労力やストレスなどのコストもかかりますが、少ない努力でお金を稼ぐことができます。

ポイ活に励むことは、生活の質を上げることにもなりますが、無駄遣いや衝動買いなどの悪習慣に陥らないように注意する必要があります。

>>アンケートモニターでお小遣い稼ぎをする

仕送りなしで大学生活を成功させるための心構え

point-jpg

仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることは、きついと感じることも多いですが、成功させることも可能です。

仕送りなしで大学生活を成功させるための心構えは、人によって異なりますが、以下の3つが重要です。

強い意志を持つ

仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることは、自分で決めたことだと思います。自分で決めたことなら、自分で責任を持ってやり遂げることができます。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることは、大変なことも多いですが、それを乗り越えることで、成長や達成感も得られます。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることは、自分の夢や目標に向かって努力することです。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、強い意志を持って挑むことが必要です。

周囲に感謝する

like-jpg

仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることは、自分の力だけでやっていると思うかもしれませんが、実は、周囲の人たちの支えがあってできていることです。

周囲の人たちとは、例えば、以下のような人たちです。

  • 親や家族:仕送りはしてくれなくても、精神的に支えてくれたり、助言や応援をしてくれたりする
  • 友人や恋人:仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることの苦労や悩みを共有したり、励まし合ったり、楽しい時間を過ごしたりする
  • バイト先や副業先の人たち:仕送りなしで大学生の一人暮らしをするための収入源を提供してくれたり、スキルや経験を教えてくれたり、人脈を広げてくれたりする
  • 大学の先生や先輩や後輩:仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることと両立しながら、勉強や研究を教えてくれたり、アドバイスや情報をくれたり、協力や協働をしてくれたりする

周囲の人たちに感謝することで、仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることの孤独や不安を和らげることができます。

また、周囲の人たちに感謝することで、仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることの喜びや充実感を共有することができます。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、周囲の人たちに感謝することが必要です。

努力を惜しまない

smallstep-jpg

仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることは、努力を惜しまないことが求められます。

努力を惜しまないこととは、例えば、以下のようなことです。

  • 生活費や学費などの必要経費を稼ぐために、バイトや副業などの仕事をする
  • 食費や交通費などの支出を減らすために、節約や家事などの工夫をする
  • 勉強や研究などの学業を優先するために、時間や労力を割く
  • 趣味や交際などの余暇を楽しむために、予算や計画を立てる
  • 自分の夢や目標に近づくために、チャレンジや挑戦をする

努力を惜しまないことは、時間や労力やストレスなどのコストもかかりますが、自分の能力や価値を高めることで、成長や達成感も得られます。

努力を惜しまないことは、生活の質を上げることにもなりますが、無理や過労などのリスクにも注意する必要があります。

仕送りなしで大学生の一人暮らしをする場合は、努力を惜しまないことが必要です。

まとめ|仕送りなしで大学生活を送ることは決して簡単ではない

investment-jpg
記事のまとめ
  • 仕送りなしで大学生の一人暮らしをする人は約10%から20%で、年々増加傾向にある
  • 仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることはきついが、料理上手になったり、実家や親のありがたみが分かったりするメリットもある
  • 仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることを乗り越えるには、固定費を抑えたり、バイトや副業をしたり、節約やポイ活をしたりすることが有効
  • 仕送りなしで大学生の一人暮らしをすることを成功させるには、強い意志を持ったり、周囲に感謝したり、努力を惜しまない心構えが必要
さいごに

本記事内容はすべてAIで執筆したものです。

記事内容について、誤った情報が含まれている可能性があります。

ご理解ください。

コメント