【最新調査】バイトなし大学生の平均お小遣いはいくら?

Salary and savings 学生生活
本ページはPRが含まれています

多くの大学生が学費や生活費を稼ぐためにバイトをしていますが、バイトをせずに生活している学生も一定数います。

本記事ではバイトをしない大学生のお小遣い事情について、最新データと共に紹介します。

この記事でわかること
  • バイトなし大学生の平均お小遣い額と実態
  • 親からお小遣いを貰っている大学生の割合
  • バイトなしの生活におけるメリット・デメリット
  • バイトなし大学生でも自宅で稼げる副業の方法
スポンサーリンク

バイトなし大学生の平均お小遣いはいくら?貰っている割合や平均額も解説

question-jpg

アルバイトをしていない大学生のお小遣いに関する情報は、以下の通りです。

実家暮らしの平均お小遣い額

月額平均お小遣いは約12,800円です。

この金額は、娯楽費や日常費を含む場合と含まない場合があります。

実家暮らしの学生は、食費や住居費がかからないため、お小遣いの金額が比較的少なくなっています。

一人暮らしの平均お小遣い額

月額平均お小遣いは約71,500円です。

一人暮らしの学生は、実家暮らしの学生に比べて、学費以外の生活費を自分で管理する必要があるため、お小遣いの金額が多くなっています。

この金額には、食費や光熱費などの生活費が含まれていることが多いです。

お小遣いの全体的な平均額

research-jpg

大学生のお小遣いの全体平均は、月額約25,000円となっています。

これは、アルバイトをしていない学生100人の平均金額です。

大学生の生活費の内訳

実家暮らしの学生の年間生活費は約434,100円、一人暮らしの学生は約1,111,400円です。

これには学費は含まれておらず、食費や住居費、光熱費などが含まれています。

大学生の平均アルバイト収入

work-jpg

大学生のアルバイト収入の平均は、実家暮らしで年間約438,800円、一人暮らしで約372,000円です。

これは、長期休暇中に多く働き授業期間中は最小限のアルバイトしかできない学生が多いためです。


これらのデータは、家庭の経済状況や学生の生活スタイルによって変動する可能性があるため、一概には言えないでしょう。

大学生がバイトなしで生活するメリット・デメリット

point-jpg

大学生がバイトをせずにお小遣いだけで生活することには、一長一短があります。

経済的な自由はある程度制限されますが、その分の時間を有効に使えるというメリットもあります。

生活スタイルによっては、バイトなし生活の方が適している場合もあるでしょう。

メリット

good-jpg

学業に専念できる

バイトに時間を取られずに、そのすべてを勉強や課題に費やせます。

単位の修得がスムーズになり、成績が伸びやすくなります。

さらに、資格の勉強などの時間も確保できるでしょう。

専門的な知識を身につけるための時間的余裕ができ、将来の選択肢が広がります。

課外活動にも打ち込めるため、大学生活を有意義に過ごせる可能性が高くなります。

自由な時間が増える

application-jpg

バイト時間を勉強以外の自分の時間に当てられます。

趣味の活動やスポーツ、読書など、自分の自由時間を有効に使えます。

休養を十分にとることもできるでしょう。

ストレス発散の機会が増え、メンタルヘルスの維持にもつながります。

大学生活が思い描くような理想的なものになる可能性があります。

睡眠時間を確保できる

夜遅くまでバイトに従事する必要がないため、十分な睡眠を取ることができます。

睡眠不足に陥るリスクが低く、健康的な生活リズムが保ちやすくなります。

睡眠は学業成績や体調管理に大きく影響するため、十分な睡眠が確保できるメリットは大きいでしょう。

集中力や記憶力の維持にもつながり、勉強の質を上げることができます。

将来の目標に集中できる

action-jpg

バイトで時間を取られずに、就職活動や進路選択、資格取得のための準備などに専念することができます。

早期から就職活動を始められるため、内定を得やすくなる可能性があります。

また、志望の資格取得に向けて熱心に取り組めば、有利な立場で就職できるチャンスが広がります。

人生設計の幅が広がるメリットが期待できます。

デメリット

merit-demerit-jpg

経済的な制約

お小遣いのみの生活では、経済的な余裕がなく、欲しいものが買えないなどの制約が出てくるでしょう。

生活費以外にも様々な出費がかさむ学生生活において、お小遣いだけでは足りない可能性があります。

衣食住の面でも制限がかかり、快適な生活を営むのが難しくなる場合があります。

友人とのレジャーにも参加しづらくなるなど、社会的活動の制限もあるかもしれません。

社会経験不足

バイト経験がないと、社会人としての経験値を積めません。

接客やチームワーク、ストレス対処などの実践的スキルが身につきにくくなります。

就職後にミスマッチが生じ、うまく社会に適応できない可能性があります。仕事を覚えるスピードも遅れがちになるかもしれません。

人間関係を構築する力も身につきづらいでしょう。

就職活動への影響

fidgety-jpg

バイト経験がないと、面接での質疑応答や作文回答が苦手になりがちです。

自身のアピールポイントが少なく、評価を下げられてしまう可能性があります。

バイト経験からの気づきや学びを就活に活かすチャンスを逸してしまいます。

人間性を問われる質問にも、説得力のある答えが出せなくなるリスクがあります。

時間を持て余してしまう

勉強以外に費やす時間が多すぎると、逆に時間的なロスが発生する恐れがあります。

計画性がなく無為に時間が過ぎてしまうと、かえって不健全な生活リズムに陥ってしまいます。

時間管理の仕方を誤ると、生産性が低下し、学業にも支障が出かねません。

時間に紐づけられたストレスも高まる可能性があります。

人との関わりが少なくなってしまう

event-jpg

学内に籠もりがちになり、人間関係を築く機会が減ります。

外の世界との接点が希薄になれば、コミュニケーション能力が身につきにくくなります。

社会人になった際の人間関係のつくり方に影響が出る可能性があります。

また、視野が狭くなりがちで、多様な価値観に触れる機会を逃すことにもなりかねません。

バイトなし大学生でも自宅で稼ぐ方法

my-jpg

バイトをせずにお小遣いだけで生活するデメリットの一つに経済的な制約がありますが、

自宅で副業をすることでその制約を緩和できる可能性があります。

以下がその方法例です。

せどり

インターネットを活用した在宅ワークの一つに「せどり」があります。

これはネット上の安価な商品を仕入れ、別の販売経路で高く売り払う転売ビジネスです。

ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリへの出品を通じて収益を上げることができます。

商品の仕入れ先や売り先の掘り起こしなどのノウハウが重要になります。

クラウドソーシングサイトを活用して副業をはじめる

ライティングやデータ入力、画像や動画の編集など、自分のスキルを活かせる仕事がインターネット上に多数あります。

クラウドソーシングと呼ばれるサイトに登録すれば、それらの仕事を請け負うことができます。

ご自身の得意分野を見つけ、空いた時間を有効に活用できます。

>>登録して在宅副業をはじめる

アンケートモニターでポイ活

smartphone-jpg

アンケートに回答することで、ポイントやギフト券、商品などのモニター報酬がもらえるサービスが複数あります。

スマートフォンさえあれば、空き時間を利用して手軽にお小遣いを稼げます。

ポイントを貯めて換金や商品に交換するのがお得です。

>>登録キャンペーン1000円分をゲットしてお得にポイ活する

ハンドメイド作品の販売

手作り作品やアクセサリー、雑貨などを制作し、自身で販売すれば副収入になります。

フリマアプリやハンドメイド作品販売サイトなどで出品することをおすすめします。

創作活動を楽しめるだけでなく、収益化もできるので一石二鳥です。

>>ハンドメイド作品を作って販売してみる

メルカリや楽天ラクマなどのフリマアプリで自宅の不用品を売る

自宅にある使わなくなった本や衣類、雑貨などを売ることで現金収入を得られます。

フリマアプリなら個人でも手軽に出品でき、買い手を見つけやすいです。

整理整頓も行えるため、一石二鳥の方法といえるでしょう。

まとめ|バイトなし大学生でも生活することは全然可能

ok-jpg
記事のまとめ
  • 実家暮らしの平均お小遣い額は約12,800円/月
  • 一人暮らしの平均お小遣い額は約71,500円/月
  • お小遣いの全体的な平均額は約25,000円/月
  • 副業などに取り組むなど工夫次第で、バイトなし生活でも快適な大学生活は可能
  • 簡単に始めやすい副業はポイ活かクラウドソーシングがおすすめ
さいごに

本記事内容はすべてAIで執筆したものです。

記事内容について、誤った情報が含まれている可能性があります。

ご理解ください。

コメント