【男子大学生ウケの香水TOP7】男ウケを狙うならこの香りがベスト!

man-college-student-perfume 恋愛
本ページはPRが含まれています

こんな悩みを持っていませんか?

男子に好印象を与える香水を知りたい

男子にどのような香りが好まれるのか分からない

プチプラでおすすめの男ウケ香水を知りたい

記事ではこんな悩みを解決します!

  • 男子が好きな香りの特徴や、共通点が分かる
  • 香水の選び方からつけ方まで、基本的な知識が理解できる

記事の結論

  • 男ウケする香水は爽やかで清潔感のある香り
  • 香水のつけ過ぎは厳禁、とにかく『ほのかな香り』が大切

大学では新しい出会いがたくさんあります。

その中でも、異性に好感を持ってもらいたい、と思っている女子大学生も多いのではないでしょうか。

そんな女子におすすめなのが、男ウケする香水です。

香水は自分の魅力を引き出すアイテムですが、相手にも好印象を与えることができます。

香水の選び方には、いくつかの重要なポイントが存在します。

しかし、男ウケを狙うならどんな香りがベストで、選ぶポイントはあるのでしょうか?

そこで、この記事では男子が好む香りの特徴や、男ウケの香水TOP7をご紹介します。

さらに、実際に男子大学生に人気のある香水をランキング形式でお届けします。

香りの力は恋愛や印象形成に大きな影響を与えるため、選び方を間違えないようにぜひ参考にしてみてください。

男子大学生ウケの香水TOP7

perfume

それでは、男子大学生ウケの香水TOP7をランキング形式で紹介します。

かず
かず

このランキングでは、前述した男ウケする香りの特徴や共通点に基づいて、私の独断と偏見で紹介します。

男子が好む香りの特徴に基づきつつ、女性自身も香りを楽しめる香水をピックアップしました。

それぞれの香水の特徴や口コミを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

7位 クリスチャン ディオール ヒプノティック プワゾン

クリスチャン ディオール ヒプノティック プワゾンは、甘くて濃厚な香りが特徴です。

価格商品の特徴
¥16,490(税込)グルマン系とオリエンタル系の甘くて濃厚な香りが強く香る
妖艶で危険な雰囲気がある香りが男性に興味を持たれそう
グッドポイントマイナスポイント
甘くて濃厚な香り
妖艶で危険な雰囲気がある香り
ディオールらしい高級感と個性がある香り
甘すぎてくどい
値段が高い
使用に適する年齢層が高く感じる

実際に使ってみた人からは、「甘くて濃厚な香り」「妖艶で危険な雰囲気がある香り」「ディオールらしい高級感と個性がある香り」という声が聞かれました。

一方で、「甘すぎてくどい」「値段が高い」「年齢層が高い」というマイナスポイントもありました。

グルマン系とオリエンタル系の、甘くて濃厚な香りが強く香ります。

妖艶で色気のある香りが、男性を惹きつけるでしょう。

ただ、値段が高いのが否めません。

コストパフォーマンスの面から考えて、7位にランクインしました。

6位 ランコム トレゾア オードパルファム

ランコム トレゾア オードパルファムは、セクシーで魅惑的な香りが特徴です。

価格商品の特徴
¥16,490(税込)フローラル系とオリエンタル系の甘くて温かい香りが混ざっている
色気がある香りが男性に惹きつけそう
パッケージがダイヤモンドのように美しく、高級感がある
グッドポイントマイナスポイント
甘くてセクシーな香り
色気がある香り
ランコムらしい上品でおしゃれな香り
甘すぎてくどい
値段が高い
つけすぎると不快感を感じる

実際に使ってみた人からは、「甘くてセクシーな香り」「色気がある香り」「ランコムらしい上品でおしゃれな香り」という声が聞かれました。

一方で、「甘すぎてくどい」「値段が高い」「年齢層が高い」というマイナスポイントもありました。

フローラル系とオリエンタル系の、甘くて温かい香りが混ざっています。

パッケージがダイヤモンドのように美しく、高級感があり持っていても気分が上がることでしょう。

ただ、セクシー系で甘い香りは、つけすぎ注意です。

つけすぎると甘ったるく感じるため、男子陣からしても不快感を感じることがあります。

5位 クリスチャン ディオール ミス ディオール

クリスチャン ディオール ミス ディオールは、エレガントで華やかな香りが特徴です。

価格商品の特徴
¥14,593(税込)クラシックなフローラル系とモダンなシトラス系の高級感のある香りが融合している
高級感がある香りが男性に惹きつける
パッケージがピンク色で可愛らしいアクセントになっている
グッドポイントマイナスポイント
高級感がある香り
エレガントで華やかな香り
ディオールらしい上品でおしゃれな香り
値段が高い
香りが強すぎる

実際に使ってみた人からは、「高級感がある香り」「エレガントで華やかな香り」「ディオールらしい上品でおしゃれな香り」という声が聞かれました。

一方で、「値段が高い」「香りが強すぎる」というマイナスポイントもありました。

クラシックなフローラル系と、モダンなシトラス系の高級感のある香りが融合しています。

高級感がある香りが男性に惹きつけることでしょう。

ただ、こちらの香水も値段が高いです。

コストパフォーマンスから考えても、学生にとっては渋る値段です。

金銭的に余裕があり、エレガントな香りをまといたい人にはおすすめです。

4位 ラルフ ローレン ロマンス

ラルフローレン ラルフ ETは、若々しく元気な印象を与えるフレッシュな香りが特徴です。

価格商品の特徴
¥10,225(税込)フルーティー系とフローラル系の甘酸っぱい香りがバランスよく香る
爽やかで清潔感のある香りが男性に好印象を与える
パッケージが可愛らしく、持ち運びにも便利
グッドポイントマイナスポイント
甘すぎずさわやかで好感度が高い
元気で明るい女性をイメージする
パッケージが可愛くてテンションが上がる
持続力が弱い
香りが薄い

実際に使ってみた人からは、「甘すぎずさわやかで好感度が高い」「元気で明るい女性をイメージする」「パッケージが可愛くてテンションが上がる」という声が聞かれました。

一方で、「持続力が弱い」「香りが薄い」というマイナスポイントもありました。

甘酸っぱいフルーティー系とフローラル系の香りがバランスよく香ります。

また、さわやかで清潔感のある香りが男性に好印象を与えるでしょう。

かず
かず

男子としても、さわやかで清潔感のある香りが、結局1週回って好きです。

フルーティーな甘い香りも女子らしさを感じて好きですが、つけ具合によって甘すぎると感じることも多々あります。

その辺、さわやかで清潔感のある香水は、失敗しない香りを求める人にはもっていこいでしょう。

3位 カルバンクライン トゥルース

カルバンクライン トゥルースは、ナチュラルでシンプルな香りが特徴です。

価格商品の特徴
¥5,200(税込)グリーン系とウッディー系の爽やかで落ち着いた香りがバランスよく香る
上品で落ち着いた雰囲気がある香りが男性に好印象を与える
パッケージがシンプルでスタイリッシュ
グッドポイントマイナスポイント
爽やかで落ち着いた香り
上品で落ち着いた雰囲気がある香り
カルバンクラインらしいシンプルでスタイリッシュな香り
香りが弱すぎる
個性がない

実際に使ってみた人からは、「爽やかで落ち着いた香り」「上品で落ち着いた雰囲気がある香り」「カルバンクラインらしいシンプルでスタイリッシュな香り」という声が聞かれました。

一方で、「香りが弱すぎる」「個性がない」というマイナスポイントもありました。

グリーン系とウッディー系の、爽やかで落ち着いた香りがバランスよく香ります。

上品で落ち着いた雰囲気がある香りが男性に好印象を与えるでしょう。

カルバンクラインは、香水好き界隈の人は誰もが知っている有名ブランドではないでしょうか。

コストパフォーマンスも良く、王道かつ無難な香りを求める人におすすめです。

2位 ヴェルサーチ レッド ジーンズ オードトワレ

ヴェルサーチ レッド ジーンズ オードトワレは、カジュアルでおしゃれな香りが特徴です。

価格商品の特徴
¥2,816(税込)フローラル系とグルマン系の甘くてセクシーな香りが絶妙に調和している
女性らしくて魅力的な香りが男性に惹きつけそう
グッドポイントマイナスポイント
甘くてセクシーな香り
女性らしくて魅力的な香り
上品でおしゃれな香り
甘すぎてくどい
持続力が弱い
パッケージが派手すぎる

実際に使ってみた人からは、「甘くてセクシーな香り」「女性らしくて魅力的な香り」「上品でおしゃれな香り」という声が聞かれました。

一方で、「甘すぎてくどい」「持続力が弱い」「パッケージが派手すぎる」というマイナスポイントもありました。

この香水は、パッケージがジーンズのように個性的で目を引くのが、何といっても最大の特徴です。

個性あふれる香水や、他の人と差別化したい香りをまといたい人にはおすすめです。

1位 トッカ トラベルフレグランススプレー ビアンカ

トッカ トラベルフレグランススプレー ビアンカは、爽快で爽やかな香りが特徴です

価格商品の特徴
¥6,600(税込)柑橘系とフローラル系の爽やかでさわやかな香りがバランスよく香る
清楚で優しい印象がある香りが男性に好印象を与える
パッケージが小さくて可愛らしく、持ち運びにも便利
グッドポイントマイナスポイント
爽やかでさわやかな香り
清楚で優しい印象がある香り
ナチュラルでおしゃれな香り
香りが弱すぎる
個性がない
パッケージが安っぽい

実際に使ってみた人からは、「爽やかでさわやかな香り」「清楚で優しい印象がある香り」「ナチュラルでおしゃれな香り」という声が聞かれました。

一方で、「香りが弱すぎる」「個性がない」「パッケージが安っぽい」というマイナスポイントもありました。

堂々の第1位の理由は以下の通りです。

  • 価格がコスパよし
  • 柑橘系の香り
  • 爽快感のあるナチュラルの香り
かず
かず

私個人の意見ですが、『柑橘系』の香りが圧倒的に好きです。

フルーティーな甘い香りと言うのは、男子でも好き嫌いが大きく分かれます。

ですが、柑橘系の香りは『誰にでも受け入れられやすい』という特徴を持っています。

大学生のお財布にもやさしいので、非常におすすめの香水です!!

男子にモテるための香水の選び方

search

男ウケする香水を選ぶためには、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

  • 目的を明確にする
  • 香りのカテゴリーを選ぶ
  • ライフスタイルに合わせる
  • 自分好みに合った香水を選ぶ
  • 季節に合った香水を選ぶ
  • シーンに合った香水を選ぶ
  • 自分の肌で試すこと

1つずつ具体的に解説していきます。

目的を明確にする

まず、どのような場面でその香水を使用するのかを考えましょう。

  • デート
  • パーティ
  • 日常使い

香水を使う際は、自然と目的に合った香水を選んでいませんか?

目的やシチュエーションに合わせて選ぶことがポイントです。

香りのカテゴリーを選ぶ

前述したように、男子が好む香りのカテゴリーを選ぶことが重要です。

基本的に男子が好む香りには、特徴や共通点が存在します。

フレッシュなシトラス系やほのかな甘い香りなど、男子に万人受けするような香りのカテゴリーを選ぶと絶対に失敗しません。

ライフスタイルに合わせる

自分のライフスタイルに合った香りを選ぶことで、より自然な印象を与えることができます。

無理に変わった香りを選ぶのではなく、シンプルさや清潔感のある香りを選びましょう。

ファッションでもトレンドや流行は存在しますが、結局1週回って『シンプルさ』に落ち着きませんか?

香水でも同じことです。

はじめから、王道な香りや万人受けする香りが、結局のところ男子にも好印象を与えられるのです。

自分の好みに合った香水を選ぶ

香水は、自分が好きな香りを選ぶことが大切です。

かず
かず

誰しもが苦手な香りや、好きでもない香りをチョイスするのは嫌ですよねww

好きな香りを身につけることで、自信が生まれ、その自信が周りの人に伝わります。

男ウケする香りを選んだものの自分が嫌いな匂いであれば、もともこもありません。

他者から好感を抱いてもらえる香りも大事ですが、自分が好きな香りを選ぶことも忘れてはいけません。

季節に合った香水を選ぶ

香水は、季節によって選ぶ香りを変えると吉です。

なぜなら、香りと言うのは気温や季節によって、受け取られ方が変化してくるからです。

夏には爽やかな香水、冬にはあたたかい香水など、季節に合った香水を身に着けることで、より魅力的に映るでしょう。

シーンに合った香水を選ぶ

香水は、シーンによって選ぶ香りを変えると良いでしょう。

例えば以下のようなシーンと香水がマッチするかもしれません。

シーンに合った香水
  • デートには甘い香水
  • 仕事には清潔感のある香水
  • 夜にはウッディな落ち着きのある香水

シーンに合った香水を身につけることで、より好印象を与えることができます。

自分の肌で試すこと

まず、香水は自分の肌で試すことが重要です。

なぜなら、自分の肌に合っていない香水をつけると肌に負担やダメージを与えてしまう可能性があるからです。

加えて、同じ香水でも人によって香り方が変わるからです。

香りと言うのは、自分の肌質や体温、体臭などが影響します。

そのため、購入前に必ずテスターで試すことを推奨します。

また、店頭では他の香水や空気中の匂いも混ざってしまうため、一度つけてしばらく経ってから再度確認することもおすすめです。

ただ、今は店頭ではなくネットショッピングで香水を購入する人も増えていることでしょう。

その場合は、実際に香りを確かめるすべがありません。

「購入前に試すこと」は、あくまで推奨事項です。

場合によってはネットショッピングでしか売っていなくて、試すことが叶わない場合もあります。

時と場合に応じて、「テスターで試す」ことを考えてみてください。

香水の適切なつけ方

cream

香水には適切なつけ方が存在します。

適切に使用することで、香りが長続きしたり、他者に好印象を与える香りになったりします。

例えば以下のようなつけ方が、適切と言えます。

香水の適切なつけ方
  • 時間帯やシーンに合わせて使い分けること
  • 量を調節してつけること

1つずつ具体的に解説していきます。

時間帯やシーンに合わせて使い分けること

香水は時間帯やシーンに合わせて使い分けることが大切です。

例えば、昼間は爽やかで軽めの香りを、夜はセクシーで濃厚な香りを選ぶというように、TPO(Time, Place, Occasion)を意識しましょう。

また、学校やオフィスなどの公共の場では、香りが強すぎないように気をつけましょう。

周りの人に迷惑をかけないことも、香水を使用するマナーです。

量を調節してつけること

香水は量を調節してつけることも忘れずにしましょう。

香水はつけすぎると逆効果になります。

香りが強すぎると、自分では気づかなくても相手に不快感や圧迫感を与える可能性があります。

また、香水は時間が経つと香りが変化します。

香水の香りには、以下の3段階に分かれています。

  • トップノート(つけたての香り)
  • ミドルノート(しばらく経った後の香り)
  • ラストノート(最後まで残る香り)

商品の詳細事項に記載されているので、香水を選ぶうえでもポイントとなる指標です。

そのため、つけすぎると3段階の香りが重なってしまい、バランスが崩れます。

一般的には、首筋や耳の後ろ、手首などの動脈が通る部分に1~2プッシュ程度が目安なので覚えておきましょう!!

男子が好む香りの特徴

fragrance

男子が好む香りは、一般的にシンプルで爽やかな特徴を持ちます。

具体的に男子が好む香りの特徴は、以下の通りです。

男子が好む香りの特徴
  • 爽やかで清潔感のある香り
  • 甘すぎない香り
  • 上品で落ち着いた香り

1つずつ具体的に解説していきます。

さわやかで清潔感のある香り

男子大学生は、清潔感のある女性に好感を持ちます。

この清潔感については、女子も男子に対して重要なポイントではないでしょうか。

男子についても、女子に対して清潔感で見極めることもあるということです。

そのため、さわやかで清潔感のある香水がおすすめです。

代表的なさわやかな香りには、以下のものがあります。

代表的なさわやか香り
  • シトラス系の香り(レモン、オレンジ、グレープフルーツなど)
  • フローラル系の香り(ジャスミン、ローズ、ラベンダーなど)
  • グリーン系の香り(ハーブ、草木など)

甘すぎない香り

男子は、甘すぎる香水を好まない傾向にあります。

甘ったるい香水は、香りの刺激が強いので男子も不快に感じます。

そのため、甘すぎない香水を選ぶことが大切です。

甘すぎない=ほのかな甘み、と捉えても良いかもしれません。

ほのかな甘みの香りで代表的なものは、以下の通りです。

代表的なほのかな甘みの香り
  • フローラル系の香り(ジャスミン、ローズ、ラベンダーなど)
  • フルーツ系の香り(イチゴ、メロン、ピーチなど)
  • ウッディ系の香り(シダーウッド、サンダルウッドなど)

上品で落ち着いた香り

男子は、上品で落ち着いた香りにも好感を抱きやすいです。

なぜなら、上品で落ち着いた香りは、大人な女性を連想するからです。

男子大学生の年頃として、年上の大人な女性に憧れを持ちやすい時期です。

そのため、上品で落ち着いた香りは、色気があり高評価な香りです。

代表的な上品で落ち着いた香りには、以下のものがあります。

代表的な上品で落ち着いた香り
  • ウッディ系の香り(シダーウッド、サンダルウッドなど)
  • アンバー系の香り(ムスク、ベチバーなど)
  • スパイス系の香り(シナモン、ジンジャーなど)

おまけ:男子に不評な香り

no

逆に、以下のような香りは男子に不評な場合が多いので注意しましょう。

男子に不評な香り
  • 強すぎるスパイシー系やオリエンタル系の香り
  • 甘ったるいバニラ系やキャラメル系の香り
  • 人工的で化学的な香り

これらの香りは、男子にとって不快感や違和感を与える可能性が高いです。

また、自分の体臭と合わない場合もあるので気をつけてください。

とにかく香りは『過度』が厳禁です。

強すぎる香りは、他者に不快感を与えるだけでなく、印象が悪くなることもあります。

香りの重要キーワードは『ほのかな』です!!

ふわっと、やさしく香ることが大切です。

これらの特徴を参考に、自分に合った男ウケする香水を選んでみてください。

男子ウケを狙うならこの香りがベスト

citrus

以上、男子大学生ウケの香水TOP7をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?気になる香水はありましたか?

おさらいをしたうえで男ウケするベストな香りは、『シンプルかつ清潔感のある香り』です。

加えて、男ウケを狙うなら以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 清潔感と女性らしさを兼ね備えた香り
  • シンプルでクリーンな香り
  • ふんわりと感じられる、やさしい香り
  • 過度につけすぎず、ほのかに香ってくる程度がベスト

これらのポイントを守れば、最低限男子は不快感を感じることは、まずないでしょう。

どちらかと言えば、好印象の部類に絶対的に入ります。

かず
かず

一男子大学生の意見としてですが、私は『柑橘系』の香りが大好きです!!

特に、シトラスやオレンジ系の香りには、魅了されてしまいますww

話を戻し、とにかく過度なつけすぎには注意しましょう。

香りは相手に近づいたときに、ふんわりと感じられる程度がベストです。

上記のポイントや意見を基に、自分の好みの香水を楽しんでみてくださいね。

まとめ

この記事では、『【男子大学生ウケの香水TOP7】男ウケを狙うならこの香りがベスト!』と題して以下の5点について紹介しました。

記事の内容
  1. 男子大学生ウケの香水TOP7
  2. 男子にモテるための香水の選び方
  3. 香水の適切なつけ方
  4. 男子が好む香りの特徴
  5. 男子ウケを狙うならこの香りがベスト

男ウケ香水を選ぶ際には、男子が好む香りの特徴を理解し、自分のライフスタイルに合ったアイテムを選ぶことが大切です。

香水にはシトラス系やウッディな香りなど、選択肢は多様です。

自分らしい印象を大切にしながら、好感度を高める香りを探してみてください。

最後に

「香水」などの悩みや疑問・質問など、ご自由にコメント欄に投稿してください。

(コメント欄はこの記事の最下部です)

※いただいたコメントは全て拝見し 、真剣に回答させていただきます。

恋愛において、男子は女性の外見をよく見ています。

男子が好きな女性の髪色メイクについて、まとめた記事もあるのであわせてご覧ください。

コメント